ホンダとヤマハ、原付で業務提携 18年OEM供給開始へ

5日、本田技研工業とヤマハ発動機が、50ccスクーターや電動二輪車などの第一種原動機付き自転車の分野で業務提携の検討を始めたと発表した。2018年には、ホンダ製品モデルをヤマハにOEM(相手先ブランド)供給し始める。国内大手二輪車メーカーのライバル企業同士が、提携する。

近距離移動手段の多様化による市場の縮小、保安基準や排出ガス規制の法規制強化への対応、電動化の推進が二輪車メーカーに打撃を与えていることを背景に、課題解決に向けた協力が必要と2社の認識が一致した。

今後、2018年にホンダからヤマハへの50cc原付スクーターのOEM供給に取り組み、ヤマハはホンダの「TACT(タクト)」を「JOG(ジョグ)」に、「Giorno(ジョルノ)」を「Vino(ビーノ)」に該当するモデルとして販売する。現在、開発・生産・販売しているホンダの「BENLY(ベンリ―)」とヤマハの「GEAR(ギア)」で、次期モデルの共同開発を検討し、ホンダからヤマハへのOEM供給も検討。

また、電動二輪車の普及のため、航続距離・充電時間・性能・コストの課題解決でも協業。今後生まれる取り組みの成果を同業他社や異業種へ提案していくことも検討している。

画像提供:ヤマハ発動機株式会社
(左:本田技研工業株式会社 取締役 執行役員 青山 真二
 右:ヤマハ発動機株式会社 取締役 常務執行役員 渡部 克明)

関連記事一覧