博多祇園山笠行事など33の祭りがユネスコ文化遺産に登録へ

10月31日、文化庁は、「八戸三社大祭の山車行事」(青森)、「高山祭の屋台行事」(岐阜)、「博多祇園山笠行事」(福岡)など18府県33件の祭りで構成する「山・鉾・屋台行事」が、世界の伝統文化などを保護するユネスコの無形文化遺産に登録される見通しとなったと発表。

11月28日からエチオピアで開かれる政府間委員会での審査を経て、ユネスコの無形文化遺産への登録が正式に決まる見込み。

33件の祭りはいずれも国の重要無形民俗文化財に指定されており、このうち京都祇園祭の山鉾行事と茨城県の日立風流物は、すでに2009年にそれぞれ個別に無形文化遺産に登録されている。なお、現在、国内で登録されている無形文化遺産は、2013年に登録された「和食」など22件ある。

「山・鉾・屋台行事」は、地域の安泰や豊作などの願いを込めて地域住民が執り行うもの。木工や金工、漆塗り、染織という伝統技術により装飾した山車を引いて、街中を練り歩くのが特徴。

今回、登録予定の33件は以下の通り。

八戸三社大祭の山車行事(青森県八戸市)
角館祭りのやま行事(秋田県仙北市)
土崎神明社祭の曳山行事(秋田県秋田市)
花輪祭の屋台行事(秋田県鹿角市)
新庄まつりの山車行事(山形県新庄市)
日立風流物(茨城県日立市)
烏山の山あげ行事(栃木県那須烏山市)
鹿沼今宮神社祭の屋台行事(栃木県鹿沼市)
秩父祭の屋台行事と神楽(埼玉県秩父市)
川越氷川祭の山車行事(埼玉県川越市)
佐原の山車行事(千葉県香取市)
高岡御車山祭の御車山行事(富山県高岡市)
魚津のタテモン行事(富山県魚津市)
城端神明宮祭の曳山行事(富山県南砺市)
青柏祭の曳山行事(石川県七尾市)
高山祭の屋台行事(岐阜県高山市)
古川祭の起し太鼓・屋台行事(岐阜県飛騨市)
大垣祭のやま行事(岐阜県大垣市)
尾張津島天王祭の車楽舟行事(愛知県津島市、愛西市)
知立の山車文楽とからくり(愛知県知立市)
犬山祭の車山行事(愛知県犬山市)
亀崎潮干祭の山車行事(愛知県半田市)
須成祭の単楽船行事と神葭(みよし)流し(愛知県蟹江市)
鳥出神社の鯨船行事(三重県四日市市)
上野天神祭のダンジリ行事(三重県伊賀市)
桑名石取祭の祭車行事(三重県桑名市)
長浜曳山祭の曳山行事(滋賀県長浜市)
京都祇園祭の山鉾行事(京都府京都市)
博多祇園山笠行事(福岡県福岡市)
戸畑祇園大山笠行事(福岡県北九州市)
唐津くんちの曳山行事(佐賀県唐津市)
八代妙見祭の神幸行事(熊本県八代市)
日田祇園の曳山行事(大分県日田市)

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧