• HOME
  • 国際
  • ベトナム人大学生の65%がスマホ所有、メッセージングはFacebookが90%を占める

ベトナム人大学生の65%がスマホ所有、メッセージングはFacebookが90%を占める

 ベトナム消費者情報を日本の企業向けに提供するサービス「Q&Me」を運営するAsia Plusは、今年2月にベトナム人大学生男女800人を対象に行なった「ベトナム人大学生のデジタルライフ」に関する調査の結果を発表した。ベトナム人大学生のスマートフォン所有率は65%であること、メッセージングサービスについては90%がFacebookを使用すると答えたことなどが分かった。

 スマホで行なっているアクティビティは、「音楽を聴く」(78%)、「メッセージング」75%、「ウェブブラウジング」(74%)などが多く、「Eメール」は49%だった。

 利用しているメッセージングサービスは、Facebook (90%)が独占的だった。ベトナムのIT企業VNGが開発したSNSであるZalo(66%)や、同社のモバイルメッセージング・無料通話アプリZing Me(45%)も利用されているが、Facebookには及ばなかった。LINEは21%、Twitterは16%、Kakao Talkは8%だった。

 インターネットの平均接続時間は5.1時間、Facebook平均利用時間は2.6時間であった。

関連記事一覧