• HOME
  • 社会・経済
  • 鳥取県が「勝手にスナバキャンペーン」 知事と砂かけ婆のコラボが実現

鳥取県が「勝手にスナバキャンペーン」 知事と砂かけ婆のコラボが実現

 昨年、「鳥取にはスタバは無いですけれども、“日本一のスナバ”があります」 という平井伸治鳥取県知事のコメントが話題になった鳥取県。5月21日、全国に鳥取県の名所鳥取砂丘をPRする“日本一のスナバ”プロジェクト「勝手にスナバキャンペーン」の記者発表会を行った。アラビアの伝統衣装を身にまとった知事がラクダと共に登場、「わがスナバ県は永久に不滅です!!」と書かれた看板を掲げキャンペーンの開催を宣言した。

 キャンペーンの開催に合わせ、“日本一のスナバ”を盛り上げる「臨時スナバー大使」に、鳥取県出身の漫画家・水木しげる氏の作品「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクター“砂かけ婆”を任命、知事から委嘱状が渡された。

 記者会見後の23日、米大手コーヒーチェーン「スターバックスコーヒー」の鳥取県内第1号となる「シャミネ鳥取店」(鳥取市東品治町)が開店。行列ができる盛況ぶりで、キャンペーンの効果もあり全国の関心を集めて周辺の店舗も好調だ。

鳥取県が「勝手にスナバキャンペーン」 知事と砂かけ婆のコラボが実現

鳥取県が「勝手にスナバキャンペーン」 知事と砂かけ婆のコラボが実現

関連記事一覧