• HOME
  • 科学・技術
  • 集中度合いが見えるメガネ JINS、生産性向上はかるIoTサービス
集中度合いが見えるメガネ JINS、生産性向上はかるIoTサービス

集中度合いが見えるメガネ JINS、生産性向上はかるIoTサービス

メガネのJINSを運営するジェイアイエヌは16日、社員の集中度のリアルタイム可視化によってコミュニケーション効率化をはかる新IoTサービス「コネクテッドオフィスワーカー」を開始すると発表した。フォン・アプリ社(Phone Appli)と連携し、来年1月からは5社限定のモニター期間、4月より正式スタートとなる予定。

新サービスで使用するのは、ジェイアイエヌのメガネ型ウエアラブル端末「ジンズ・ミーム(JINS MEME)」。同製品で収集したデータから装着者の集中度合いをリアルタイムで測定し、その結果をフォン・アプリのWeb電話帳アプリケーション「PACD」に可視化してオフィス内の全員が閲覧できるようにする。

社員の集中の度合が数値で確認できるため、たとえば、集中度が高い人には話しかけないようにしたり、集中度が低い人には電話や対面の会話でコミュニケーションをとったりするなど、より労働生産性の高いオフィスコミュニケーションが可能になるという。

今後は工場作業者やドライバーなどに向け、作業中の集中力低下による事故を未然に防ぐソリューションの提供を目指す。

(写真はイメージ)
Facebook Like!

関連記事一覧