• HOME
  • 社会・経済
  • タクシー大手・大和自動車交通と東京無線が配車アプリで相互利用
タクシー大手・大和自動車交通と東京無線が配車アプリで相互利用

タクシー大手・大和自動車交通と東京無線が配車アプリで相互利用

タクシー大手の大和自動車交通は4月1日、東京無線共同組合と連携してタクシー配車アプリの相互利用を開始する。

配車の対象となるのは、大和自動車交通の2478台、東京無線の4426台の計6904台。両者ともすでに配車アプリを提供しており、連携方法やアプリの統廃合については未定。同時にタクシーチケットの統合も発表した。

世界では、米ウーバー(Uber)をはじめとしたタクシー事業者に属さないタクシー配車アプリ専業が盛り上がる中、日本ではタクシー事業者各社が配車アプリを提供し利用者の利便性を向上させている。今回の相互利用開始により、利便性のさらなる向上が期待される。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧