ゲリラ雷雨、ピークは8月 関東は昨年の2倍に

ウェザーニューズは9日、7~9月のゲリラ雷雨傾向を発表した。ゲリラ雷雨は、急激に発達する積乱雲が、突発的で局地的な大雨や雷をもたらす現象をいい、都市部では道路冠水や河川の急激な増水などを引き起こし、しばしば被害を生み出す。今夏は、エルニーニョ現象の影響で太平洋高気圧の勢力が弱いため、湿った空気や上空の寒気の影響を受けやすく、ゲリラ雷雨が発生しやすくなる見込み。関東甲信越地域では、全国で最も予想発生回数が多く、7~9月で1500回以上のゲリラ雷雨が発生する可能性がある。これは、昨年の約2倍で、注意が必要だ。ゲリラ雷雨のピークは8月。

調査は、災害への意識喚起と事前対策を講じ、被害軽減を目指すため、気象機関や長期予報の有識者の見解を元に発表するもので、予想の対象期間は7月15日から9月30日まで。最新情報はスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」からも閲覧できる。

(写真はイメージ)

関連記事一覧