• HOME
  • 【ノーベル賞2017】文学賞に英国人作家カズオ・イシグロ氏
ノーベル賞候補として日本人化学者が浮上 クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞

【ノーベル賞2017】文学賞に英国人作家カズオ・イシグロ氏

スウェーデン・アカデミーは5日、ノーベル文学賞受賞者として、英国人作家のカズオ・イシグロ氏を選出したことを発表した。授与理由として「感情に強く訴える小説で、世界と繋がっているという我々の抱く幻想の下に隠された闇を明らかにした」と評価した。

カズオ・イシグロ氏は1954年長崎生まれの62歳。5歳の時に家族とともに英国へ移住し、その後英国籍を取得。82年に終戦後の長崎を舞台にした『遠い山なみの光(原題:A Pale View of Hills)』で長編デビューし、王立文学協会賞を受賞。89年に出版した、第二次世界大戦後のイギリスを舞台にある邸宅で働く執事を主人公に描いた『日の名残り(原題:The Remains of the Day)』は、英国で最も権威のある文学賞であるブッカー賞を受賞した。

また、2005年に出版した『私を離さないで(原題:Never Let Me Go)』は、臓器移植の提供者となるために育てられた若者たちを描いたフィクション作品。2010年に映画化されたことでも話題を呼び、日本では14年に蜷川幸雄氏の演出により舞台化、16年にはテレビドラマ化もされた。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧