• HOME
  • 国際
  • 世界一「繁栄」している国はノルウェー 日本19位 レガタム指数

世界一「繁栄」している国はノルウェー 日本19位 レガタム指数

英国のシンクタンク、レガタム(Legatum)は2日、2015年版の「レガタム繁栄指数」を発表した。142カ国について、政治・経済・教育など8つの側面から評価したもので、1位は昨年に続いてノルウェーだった。日本は19位で、昨年と同順位となった。アジアのトップはシンガポールだった。

8つの評価カテゴリーは、経済、新事業の機会、政治、教育、健康、安全、個人の自由、社会資本。総合1位のノルウェーは、個人の自由を保障していることと、保険制度や社会的な人間関係の質が高いことが評価された。また、各カテゴリーの1位はそれぞれ、経済の世界1位がシンガポール、教育の1位はオーストラリア、健康の1位は米国、個人の自由の1位はカナダ、安全の1位は香港だった。

日本はカテゴリー別に見ると、最も順位が高かったのは健康(7位)で、低かったのは個人の自由(33位)だった。また経済が昨年の7位から25位に下がった。

世界トップ20と、東・東南アジアトップ10は以下の通り。

2015年順位 2014年順位 国・地域
1 1 ノルウェー
2 2 スイス
3 4 デンマーク
4 3 ニュージーランド
5 6 スウェーデン
6 5 カナダ
7 7 オーストラリア
8 9 オランダ
9 8 フィンランド
10 12 アイルランド
11 10 米国
12 11 アイスランド
13 16 ルクセンブルク
14 14 ドイツ
15 13 英国
16 15 オーストリア
17 18 シンガポール
18 17 ベルギー
19 19 日本
20 20 香港
東・東南アジア順位 世界順位 国・地域
1 17 シンガポール
2 19 日本
3 20 香港
4 21 台湾
5 28 韓国
6 44 マレーシア
7 48 タイ
8 52 中国
9 55 ベトナム
10 59 モンゴル

(写真はイメージ)

関連記事一覧