• HOME
  • 国際
  • 世界で最も影響力ある人物 1位は3年連続プーチン

世界で最も影響力ある人物 1位は3年連続プーチン

米誌フォーブスは4日、「世界で最も影響力ある人物(The World’s Most Powerful People)2015」を発表した。1位は3年連続でロシアのプーチン大統領、2位はドイツのメルケル首相、3位は米国のオバマ大統領となった。日本からはトヨタ自動車の豊田章男社長(28位、昨年34位)、安倍総理大臣(41位、同63位)、日本銀行の黒田総裁(50位、同48位)、ソフトバンクの孫正義社長(51位、同38位)の4人が選ばれた。

同ランキングは、その人物が影響力を与える人数、持っている財源、影響力のある領域、実際に力を行使したか、の4指標を基準に選定したもの。同誌の評価によると、1位のプーチン大統領は、ウクライナでの問題によりロシアが制裁を受けたにも関わらず、今年6月の支持率は89%と高く、10月の過激派組織「イスラム国(IS)」への空爆、シリアのアサド大統領との会談などでその影響力を表した。

2位のメルケル首相は、ヨーロッパ連合(EU)のバックボーンであり、ギリシャ経済危機や難民問題での対処で影響力を発揮したため、順位を大きく上げたとしている。各国の指導者とIT企業のトップが上位の多くを占める結果となった。

トップ20は以下の通り。

2015年順位 2014年順位 人名 役職など
1 1 ウラジーミル・プーチン ロシア大統領
2 5 アンゲラ・メルケル ドイツ首相
3 2 バラク・オバマ 米国大統領
4 4 フランシスコ ローマ教皇
5 3 習近平 中国国家主席
6 7 ビル・ゲイツ ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同創業者
7 6 ジャネット・イエレン 連邦準備制度理事会(FRB)議長
8 10 デービッド・キャメロン 英国首相
9 15 ナレンドラ・モディ インド首相
10 9 ラリー・ペイジ グーグル最高経営責任者(CEO)
11 8 マリオ・ドラギ 欧州中央銀行(ECB)総裁
12 13 李克強 中国首相
13 12 ウォーレン・バフェット バークシャー・ハザウェイCEO
14 サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ サウジアラビア国王
15 14 カルロス・スリム・エルー アメリカ・モービル名誉会長
16 17 フランソワ・オランド フランス大統領
17 16 ジェフ・ベゾス アマゾン共同創業者・CEO
18 19 アリー・ホセイニー・ハーメネイー イラン最高指導者
19 22 マーク・ザッカーバーグ フェイスブック共同創業者・CEO
20 18 ジェイミー・ダイモン JPモルガン・チェースCEO

関連記事一覧