三菱商事、ベトナムの火力発電所を受注 日韓越4社で

三菱商事は11日、韓国の1社、ベトナムの2社とともに、ベトナム南部ビントゥアン省ビンタン地区の石炭焚き火力発電所の建設工事を受注したと発表した。

受注した韓国企業は斗山(とさん、トゥサン)重工業、ベトナム現地企業は第2電力建設コンサルティング(Power Engineering Consulting Joint Stock Company 2)とパシフィック・コーポレーション(Pacific Corporation)。三菱商事と合わせた4社のコンソーシアムで、ベトナム電力グループ(EVN)が計画している発電所を受注した形となる。

同コンソーシアムは既に2013年にEVNから4つの石炭火力発電所を受注しており、現在建設中。今回のプロジェクトは、その隣接地に追加で1基建設するもので、2019年に運転開始の予定。

出力は60万キロワット。三菱商事が蒸気タービン・発電機の供給、斗山がボイラーの供給および現地工事、ベトナムの2社がプラント補機の供給を担当する。超臨界発電所として計画されており、完成すると、同国で現在稼働している他の石炭焚き火力発電所よりも高効率で、環境にもより配慮した発電所となる。

ベトナムでは、6%台後半~7%台のGDP成長率が引き続き予想されており、電力需要の伸長は前年比10%以上と見込まれている。しかし三菱商事によると、同国最大の経済圏、ホーチミン市を抱える南部地域では電力需給が逼迫してきており、従来計画されている電源開発は遅延が問題となっている。同プロジェクトは同国の今後の経済成長を支える安定した電力供給の実現のため重要なプロジェクトと位置付けられているという。

 
(画像提供:三菱商事)

Facebook Like!

関連記事一覧