• HOME
  • 国際
  • 中国南部、各地で大雨・洪水 被災者3000万人以上に

中国南部、各地で大雨・洪水 被災者3000万人以上に

中国国営新華社通信によると、中国南部各地で大雨により洪水が発生し、多くの被害が出ているという。6月30日以来、湖北、安徽あんき、江蘇など長江の中・下流域、長江・淮河流域、南西地域の東部など各地で激しい雨が降り続いており、1時間当たりの降水量が250mmを上回った地域は6万平方km、100mmを上回った地域は29万平方km、50mmを上回った地域は69万平方kmという広域に達し、多くの地域で降水量の過去最高記録が更新されている。

国家洪水・干ばつ対策総指揮部は30日、洪水対策緊急措置をレベル4からレベル3に引き上げた。太湖洪水対策総指揮部は洪水対策2級緊急措置を、長江洪水対策総指揮部は同3級緊急措置を、淮河洪水対策総指揮部は同4級緊急措置を発動し、湖北、湖南、安徽、江蘇、貴州の5省は同3級緊急措置を発動した。

今月3日の時点で、江西省、湖北省、湖南省、広西チワン族自治区、重慶市、四川省、貴州省、雲南省など全国で26省・自治区・直轄市の1192県で洪水が発生し、農作物の被災面積は294万2000ヘクタール、被災者は3282万人、一時避難者は148万人、死者は186人、行方不明者は45人、倒壊した家屋は5万6000棟、経済的損失は約506億元(約7800億円)にのぼるとみられる。

※1元=約15.4円で換算。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧