• HOME
  • 国際
  • 世界都市力ランキング 東京がパリを抜いて3位に 1位は5年連続でロンドン

世界都市力ランキング 東京がパリを抜いて3位に 1位は5年連続でロンドン

森記念財団都市戦略研究所は18日、2016年版の「世界の都市総合力ランキング(GPCI)」を発表した。東京が前年4位から順位を上げて3位に浮上。1位のロンドン、2位のニューヨークは共に5年連続同順位。前年3位だったパリは4位となったが、上位10位の顔ぶれは昨年と変わらず、アジア勢ではシンガポールが5位、ソウルが6位、香港が7位にランクインした。

GPCIは、世界を代表する主要42都市を選定し、都市の力を表す「経済」、「研究・開発」、「文化・交流」、「居住」、「環境」、「交通・アクセス」の6分野に対して、70指標からスコアリングを行うことで、分野別ランキング、総合ランキングを作成している。

2016年版の各分野1位は、「経済」が東京、「研究・開発」がニューヨーク、「文化・交流」と「交通・アクセス」の2分野でロンドン、「居住」はパリ、また「環境」はフランクフルト(総合11位)となった。

東京は、経済1位、研究・開発2位、文化・交流5位、交通・アクセス11位と4分野で前年と同位となったが、居住は昨年の15位から6位へと大きく浮上し、環境も昨年13位から12位へと順位を上げた。東京が居住分野で順位を上げた理由として、同研究所は「為替変動(円安)により、賃貸住宅平均賃料や物価水準が下がったことが大きく影響している」とした。

世界の都市総合力ランキングの総合順位(2016年版)

1位 ロンドン(1位)
2位 ニューヨーク(2位)
3位 東京(4位)
4位 パリ(3位)
5位 シンガポール(5位)
6位 ソウル(6位)
7位 香港(7位)
8位 アムステルダム(9位)
9位 ベルリン(8位)
10位 ウィーン(10位)

*カッコ内は15年版の総合順位

参考記事
世界都市力ランキング 1位は4年連続ロンドン、東京は4位維持(2015/10/16)

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧