ソフトバンク、IoTを活用した自転車シェアリング事業を開始

ソフトバンクと子会社のオープンストリート(OpenStreet)は、IoT(モノのインターネット)を活用した自転車シェアリング事業に参入することを発表。11日より自転車シェアリングシステム「ハロー・サイクリング(HELLO CYCLING)」を提供開始した。

同システムは、利用者がスマートフォンやパソコン上から利用可能な自転車が駐輪されている「ステーション」を検索、利用予約や決済までをそのまま行える。借りた自転車はどこのステーションでも返却できるため、目的地間の片道移動に便利な仕組みとなっている。また、交通系ICカードを登録しておくと、自転車に設置された操作パネルにそのICカードをタッチするだけで自転車を解錠できるので、予約無しでその場で利用できる。まずは東京都中野区で11日からサービスを開始、料金は1時間100円、1日800円で24時間利用できる。

サービス運営事業者は、自転車の錠「スマートロック」に全地球測位システム(GPS)と通信機能を搭載したもの、と専用の操作パネルを自転車に取り付ければ同システムを開始でき、ステーションや料金設定も独自にできる。

オープン・ストリートはソフトバンクの社内新規事業提案制度で採択され、11月1日に設立された。

画像提供:ソフトバンク

 
Facebook Like!

関連記事一覧