トヨタ関連4社、EV開発ベンチャーを発足へ

トヨタ自動車、豊田自動織機、アイシン精機、デンソーの4社は、12月より電気自動車(EV)の開発を担う社内ベンチャーをスタートさせる。各社から1人ずつの計4人という小さな組織構成で、既存の技術ノウハウやリソースを活用しながら、スピード感を重視した商品開発と市場投入を目指す。

トヨタは、これまで環境車としてハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)、EVなど多様な車両の開発を進めてきた。しかし、グローバルでの環境対策や規制強化が進む現状を踏まえて、化石燃料を使用しないFCVとともに、EVでも早急の対応を進める必要があるとし、今回の組織発足に至った。

同社の豊田章男社長は、「この数年は、将来に向けての種まきを強化する年と位置づけ、トヨタ・リサーチ・インスティチュート(TRI)の設立、ダイハツの完全子会社化、新興国小型車カンパニーの設立に着手してきた。今回のEV新組織もその一環であり、ベンチャー組織としてその分野のことだけを専門に考え、スピード感のある仕事の進め方を確立してほしい」とコメントした。

(冒頭の写真は、トヨタ自動車本社)

 
Facebook Like!

関連記事一覧