• HOME
  • 科学・技術
  • 聞きたい音と雑音を聞き分ける AI「音状況認識技術」を開発 NEC
聞きたい音と雑音を聞き分ける AI「音状況認識技術」を開発 NEC

聞きたい音と雑音を聞き分ける AI「音状況認識技術」を開発 NEC

NECは28日、同社が開発する人工知能(AI)技術群「NEC the WISE」によって、日常生活の中で目的音と周囲の環境雑音を的確に分類し、今起きている状況を認識できる「音状況認識技術」を開発したと発表した。

同技術は、マイクで収集した音を認識対象の音(目的音)と環境雑音に区分し、目的音から細かい構成音を抽出する技術と、構成音の組み合わせパターンから事象の有無を判別する技術。具体的には、たとえば「ガラスが割れた」という事象で発生する音の場合、「ガシャン」「バリン」「パリン」など、環境によってそこから発する音が変わる。これに対して、初めに構成音抽出技術により「ガ」や「シャ」、「バ」や「パ」など環境の違いに影響しない細かな構成音に分け、次に、学習させていない未知の音成分を環境雑音として区分する。この高精度に抽出された構成音とあらかじめ学習した事象パターンを照合することで、目的事象の有無を判別できるという。

今後は、公共施設や観光地などにおける犯罪・事故の検知や、高齢者宅の生活音による緩やかな見守りなど、さまざまな環境における危険状況の高精度認識の実現を目指す。

聞きたい音と雑音を聞き分ける AI「音状況認識技術」を開発 NEC

画像提供:NEC

 
Facebook Like!

関連記事一覧