• HOME
  • 科学・技術
  • 駅窓口での訪日外国人案内に小型翻訳機「ili」 銀座駅などで実証実験 
駅窓口での訪日外国人案内に小型翻訳機「ili」 銀座駅などで実証実験

駅窓口での訪日外国人案内に小型翻訳機「ili」 銀座駅などで実証実験 

東京メトロとログバーは13日と18日、銀座駅と明治神宮前〈原宿〉駅で、ログバーが開発した小型音声翻訳機「ili(イリー)」を使った外国人旅行者への乗り場案内の実験を行う。

iliは、旅行で使う会話に特化した片手で持てる小型の音声翻訳機で、インターネットに接続することなく使用できるのが特徴。言語は 英語・中国語から日本語、日本語から英語・中国語への音声翻訳が可能だ。本体中央にあるボタンを押しながらマイクに話す声を入れ、話し終わってからボタンから手を離すと翻訳された音声が流れる仕組み。

実験では、旅客案内所や駅改札窓口で外国人旅行客からの質問を翻訳したり、それに対する係員の回答を翻訳し、iliの有効性を検証する。

駅での実証実験は、以下の日時と場所で行われる予定。
3月13日(月) 銀座駅 旅客案内所
3月18日(土) 明治神宮前〈原宿〉駅 副都心線改札口
*両日ともに時間帯は10:00~12:00

駅窓口での訪日外国人案内に小型翻訳機「ili」 銀座駅などで実証実験 

参考記事
どこでも翻訳できるウエアラブルデバイス CES 2016で発表(2016/01/11)

画像提供:東京メトロ・ログバー
Facebook Like!

関連記事一覧