都心の桜、平年より5日早く開花 東京は4月1日に満開 

気象庁は21日、東京都心で桜(ソメイヨシノ)の開花宣言を発表した。同庁によると、都心としては2008年以来、9年ぶりに全国で最も早い開花となった。昨年と同日で、平年より5日早い。

22日には日本気象協会(東京)が第5回となる桜の開花予想を発表した。23日に福岡市、25日に高知市、29日に大阪市で開花が予想され、3月末までには九州から関東各地で開花するという。満開は開花後7~10日程度で、東京は4月1日に満開になるとみている。

4月は全国的に平年並みの気温が続く予想のため、北陸・東北地方に桜前線が到着するのは4月上旬、北海道では4月末の見込み。

都心の桜、平年より5日早く開花 来週は本州で開花ラッシュ
22日撮影(東京都文京区)

 
Facebook Like!

関連記事一覧