大和リビング、東電と快適な住宅に向けてIoTシステム開発へ

大和リビング、東電PGと共同でIoT応用のEMS開発

大和ハウスグループの大和リビングマネジメントは東京電力パワーグリッドと共同で、IoT(モノのインターネット)を用いたエネルギーマネジメントシステム構築の実証試験を8月1日から開始する。

エネルギーマネジメントシステムは、住宅内の電気使用量等の電力情報や温度や湿度等の環境情報を管理できるようにするもの。同試験では、同社の賃貸住宅入居者50世帯を対象に3カ月間実施。住宅ごとに電気の使用状況や家電製品別に利用情報を抽出できる電力センサー、住宅内の温度や湿度などを測定する環境センサー付きマルチリモコンを設置する。東電PGが、電気使用量を予測するアルゴリズムを持つIoTプラットフォームを開発。試験で得られた情報や分析結果を、大和リビングマネジメントですでに運用しているプラットフォームに取り込み、エアコンなどの家電製品を自動制御する機能を開発していく。

画像提供:大和リビング

 
Facebook Like!

関連記事一覧