• HOME
  • 特集
  • ご当地自慢を探せ!(27) 名古屋土産の定番、もっちり食感の「ういろう」
ご当地自慢を探せ! 名古屋土産の定番、もっちり食感の「ういろう」

ご当地自慢を探せ!(27) 名古屋土産の定番、もっちり食感の「ういろう」

名古屋といえば、味噌カツやひつまぶしなど独特の食文化が特徴的。そんな名古屋名物の1つに「ういろう」がある。

ういろうの歴史は古く、江戸時代にはすでに日本各地に製法が広まり、製造販売が行われるようになっていたという。材料や作り方は地域によって異なるため、日本各地に味や食感、見た目もさまざまな個性豊かなういろうがある。今回紹介する名古屋のういろうは、一般的にうるち米からできた米粉を主原料としている。

名古屋のういろうの老舗といえば、1879(明治12)年創業の青柳総本家。この店の「青柳ういろう」は名古屋土産の大定番と言っても過言ではないだろう。駅の売店などでよく見かける個別包装された一口サイズのういろうを発案したのも、この青柳総本家だ。最近では、ういろうの中に小倉あんを詰めたものや旬のフルーツを使ったものなど、個性的なういろうも作っている。

長い棒状のういろうを一口大にカットして、口に入れる。米粉独特のもっちりとした食感がありつつも粘り気は強くなく、思いのほか歯切れがいい。口に広がるお米の上品な甘さと優しく素朴な味に心がホッとなごむ。初めて食べるのにどこか懐かしい味わい。これが名古屋ういろうの魅力の1つだろう。

ご当地自慢を探せ! 名古屋土産の定番、もっちり食感の「ういろう」

名古屋土産の定番、一口サイズのういろう
名古屋土産の定番、一口サイズのういろう

 
Facebook Like!

関連記事一覧