• HOME
  • 国際
  • ベルギーで1セントと2セントコインを廃止
ベルギーで1セントと2セントコインを廃止

ベルギーで1セントと2セントコインを廃止

ベルギーでは近い将来、最小通貨の1セントおよび2セントコインを廃止することを決定した。買い物などで端数が生じる場合は今後、1ユーロ2セントの場合は1ユーロと計算され、1ユーロ3セントの場合は1ユーロ5セントと切り上げられることになる。1セントの通貨価値は日本円で現在約1.33円に相当する。独フランクフルターアルゲマイネ・オンライン版が9日に報じた。

同様の方針はすでにオランダおよびフィンランドでも採用されており、今回ベルギーもオランダ同様、これを法規制として定めるのではなく、小売業における協定として実施する。ユーロ圏に属してユーロを使用している国では、EUの決定なしに特定の貨幣の使用を禁止することはできないが、通貨の鋳造に関しては各国に決定権が委ねられている。このため、ベルギー国内で1セントおよび2セント廃止後も、ユーロ圏内の他国から来た人が、1セントコインを支払いに使うことは可能となる。

ベルギーでは数年前から1セントおよび2セントコインの廃止について論議がされてきており、EU委員会でも同件は2013年以来議題に上っている。1セントおよび2セントコインの鋳造には、実際の通貨価値よりもコストがかかることから、「鋳造に不人気な硬貨」とされている。

(写真はイメージ)

関連記事一覧