• HOME
  • 国際
  • 国連の幸福度ランキング、2018年首位はフィンランド 北欧が上位独占

国連の幸福度ランキング、2018年首位はフィンランド 北欧が上位独占

国連は14日、世界幸福度リポート(World Happiness Report)2018年度版を発表した。156カ国の中から1位に選ばれたのは、昨年5位のフィンランド。昨年1位のノルウェーは2位にランクインし、上位4位はすべて北欧諸国が占めた。日本は昨年から順位を3つ下げて54位だった。最下位はアフリカ諸国が占め、156位はブルンジだった。

国連による世界幸福度リポートは今回が6回目で、収入、平均寿命、社会的支援、汚職の有無、自由、寛大さを指標に各国の幸福度を算出している。また今回は初めて、「移民の満足度」も幸福度の要素として加わった。

1位に選ばれたフィンランドでは、自国民および移民の満足度が同様に高かったのが特徴。今回の結果を受けて駐日フィンランド大使館はシウコサーリ大使のコメントをツイッター上で引用。「非常に安全なこと、質の高い教育システムがあること、自然が身近であること」などをフィンランドの住みやすさとして挙げた。

なお今回のリポートは、バチカンの法王庁科学アカデミーで発表された。ドイツのヴェルト紙によると、同アカデミーのサンチェス=ソロンド司教は個人の幸福感のあり方について「昨今における問題は、多くの人が他者と苦しみを分かち合うことを望まないところにある」とコメント。キリスト教の黄金律である「隣人愛」の重要性について強調した。

上位10位とその他主要国の順位(カッコ内は昨年の順位)

1位 フィンランド(5位)
2位 ノルウェー(1位)
3位 デンマーク(2位)
4位 アイスランド(3位)
5位 スイス(4位)
6位 オランダ(6位)
7位 カナダ(7位)
8位 ニュージーランド(8位)
9位 スウェーデン(10位)
10位 オーストラリア(9位)

15位 ドイツ(16位)
18位 米国(14位)
19位 英国(19位)
26位 台湾(33位)
54位 日本(51位)
57位 韓国(56位)

(写真はイメージ)
 

関連記事
国連の幸福度ランキング、日本は51位 1位にノルウェー

関連記事一覧