修学旅行のコンクール開催 HPで取り組みを紹介

百有余年の歴史をもつ日本独特の教育活動である修学旅行。インターネットの活用による修学旅行の充実と発展を目指し、第15回「修学旅行ホームページコンクール」(主催:公益財団法人全国修学旅行研究協会、後援:文部科学省ほか)が開催され、1日から参加校の募集を開始した。

全国の高等学校、中学校、小学校の公式ウェブサイトに掲載された修学旅行に関するページを対象に、優れた取り組み事例を募集・顕彰し、広く全国に向けて情報配信を行うのがねらい。審査のポイントは、事前・現地・事後の学習や学習状況に重点をおき、修学旅行の取り組みについて明確な学習テーマをもっているか、インターネットが情報の活用・情報教育、学習面で効果的に活用されているか、などだ。またホームページのデザインや見やすさなど、写真・動画・イラスト等の効果的構成も対象となる。

表彰は、大賞として文部科学大臣賞(最優秀作品)1校、部門別優秀賞(小学校部門、中学校部門、高等学校部門)各部門1校、入選5校程度。各表彰作品に賞状と副賞(図書券1~5万円分)が送られ、表彰作品及び参加作品は、修学旅行ドットコムのホームページで紹介される。

修学旅行ドットコム(全国修学旅行研究協会)
http://shugakuryoko.com/

(写真はイメージ)

関連記事一覧