• HOME
  • 社会・経済
  • いい夫婦の日、「円満」8割 秘訣は感謝の気持ちを忘れないこと
「ありがとう」「お疲れさま」が夫婦円満の秘訣 いい夫婦の日アンケート

いい夫婦の日、「円満」8割 秘訣は感謝の気持ちを忘れないこと

明治安田生命は11月22日の「いい夫婦の日」にちなみ、夫婦をテーマとしたアンケート調査を実施、結果を15日に発表した。夫婦の関係性についての問いでは、4人に3人が「円満」と回答。約8割が円満と回答したものの、「生まれ変わっても、もう一度同じ相手と結婚したい」と回答した人は半数に満たなかった。

夫婦の関係性についての問いでは、「円満」と回答した人が75.3%だった。昨年の76.1%からは0.8%減少したものの、依然として4人のうち3人が「円満」と回答している。一方、「生まれ変わっても同じ人と結婚するか」という問いには、「する」が全体で42.6%となり、昨年より4%減少した。男女別に見ると、男性(夫)は49.1%が「結婚する」と答えたのに対し、女性(妻)は36.0%にとどまっており、夫婦間で開きがあった。夫婦の円満度について地域別にみると、関東地方が77.7%で1位、次いで2位が九州・沖縄地方で76.8%、3位が近畿地方の76.5%だった。

また、「夫婦円満のために何が必要か」という問いには、全体では「よく会話をする」が69.6%で1位、次いで2位は「感謝の気持ちを忘れない」で57.3%、3位が「相手を尊重・信頼する」で54.2%だった。配偶者から言われたい一言を聞いたところ、全体では「ありがとう」が26.7%でトップ。男女別では、夫は「お疲れさま」が妻と比べて多く、妻は「ありがとう」が夫に比べて大幅に高かった。夫婦円満には、夫から妻へ「ありがとう」の一言、妻から夫へ「お疲れさま」というねぎらいの言葉を伝えることが大事なようだ。

同調査は10月4~11日の期間に、20~79歳の既婚男女それぞれ810人の計1620人を対象に、インターネットで実施した。

(写真はイメージ)

関連記事一覧