MaaSって何? 海外事例にみる「移動」の未来【ニュースのコトバ解説】

日本版MaaSの展開に向けた先行モデル19事業を選定 国交省

国土交通省は18日、MaaS(Mobility as a Service)など、新たなモビリティサービスの推進を支援する「新モビリティサービス推進事業」について、事業の熟度が高く、全国の牽引役となる先駆的な取り組みを行う「先行モデル事業」として19事業を選定したと発表した。

同省は4月18日~5月29日に、全国各地のMaaSなど、新たなモビリティサービスの実証実験を支援し、地域の交通課題解決に向けたモデル構築を推進するため「新モビリティサービス推進事業」を公募した。応募のあった51事業について、(1)大都市近郊型・地方都市型、(2)地方郊外・過疎地型、(3)観光地型の各地域類型ごとに評価し、全国の牽引役となる先駆的な取り組みを行うモデル事業として19事業を選定し、今後、実証実験について支援する。

選定したのは、神奈川県における郊外・観光一体型MaaS実証実験(大都市近郊型)や、2019年度静岡型MaaS基幹事業実験(地方都市型)、庄原地区先進過疎地対応型MaaS検討・実証プロジェクト(地方郊外・過疎地型)、ひがし北海道観光型MaaSにおける移動及び車両データ収集、利活用実証(観光地型)など。

また、今回応募した団体のうち、日本版MaaSの実現に向け、官民連携で活動を推進する意欲がある団体を「パートナー」と位置づけ、経済産業省と連携したスマートモビリティチャレンジ推進協議会との情報共有や助言を通して、取り組みの実現を支援していく。

日本版MaaSの展開に向けた先行モデル19事業を選定 国交省
画像提供:国土交通省(冒頭の写真はイメージ)

MaaSって何? 海外事例にみる「移動」の未来【ニュースのコトバ解説】

関連記事一覧