JA全青協、Leeとコラボの「つなぎ」で「カッコいい」農業

全国農協青年組織協議会(JA全青協)は、ジーンズメーカーのリー・ジャパン(東京都荒川区)と全国農業協同組合連合会(JA全農)の協力のもと、オリジナルワークウェアを企画、発売した。

JA全青協は、日本農業の担い手・中核者となる20~45歳の青年層が中心となった全国組織。生産現場から日本農業を盛り上げ、地域の消費者や子供の農業への理解を促進することを目的として、リーのユニオンオールをベースに限定モデルを作成した。

左腕部分には取り出しやすいペン差しポケット、胸ポケットは貴重品を入れても落ちないようにジッパー仕様、両足のサイドポケットは携帯やスマートフォンが収まる大きさ。背部や脇には通気穴があり、着用時のムレを無くして機能性を重視した。

生地はデニムとヘリンボーンの2種類があり、吸水速乾の快適素材であるオリジナルデニムを使用。サイズは標準体型用のA体(XS・S・M・L・2L)、ガッシリ体型用のB体(S・M・L・2L・3L)を展開。

注文は9日が締め切り。

【問い合わせ先】
JA全青協事務局 TEL:03-6665-6202

(写真はイメージ)

関連記事一覧