• Local
  • 地域を活性化させ豊かな日本に
ドイツ・バウハウス発祥の町を訪ねて デッサウ編

ドイツ・バウハウス発祥の町を訪ねて デッサウ編

20世紀初頭、革新的な理念を掲げて存在したバウハウス。工芸・美術・建築・デザインの専門大学だったバウハウスは、在籍した学生の数が随時150~200人。この中の25~50%が女性、17~33%が外国人でした。

バウハウスが登場した時代はドイツが第一次大戦に敗れ、貧困と失意の中にあった一方で、機械技術の発展が飛躍的に市民生活を変えた時代でもありました。そんな時代とともに生きたバウハウスの軌跡をさらに見ていきます。

ドイツ・バウハウス発祥の町を訪ねて デッサウ編デッサウのバウハウスは1923年、ナチスドイツによって閉鎖された

1919年、ワイマールに誕生したバウハウスは公的教育機関だったことから、その先進性がしばしば批判にさらされてきました。1924年、右派政権が大多数を占める州議会で、バウハウスのための予算は半分に減らされてしまいます。このためバウハウスは、ワイマールから他州のデッサウへの移転を余儀なくされました。1925年、バウハウスはデッサウで新たなスタートを切りました。

四角い鉄筋コンクリートの建築にガラスのカーテンウォール(帳壁)をまとった、デッサウのバウハウス校舎。設計を手掛けたのは、初代バウハウス校長を務めたヴァルター・グロピウスです。「新時代の合理的な建築は、国際的な普遍性を持つ」と唱えたグロピウスの思想を体現した、「インターナショナル・スタイル」と呼ばれる代表的な建築です。

そのシンプルなシルエットは今でこそ、よくある学校校舎の建物のように見えなくもないですが、同じ通りの向いにある最も古い病院建物と比較してみると、当時の人々の衝撃が少しは理解できそうです。

ドイツ・バウハウス発祥の町を訪ねて デッサウ編バウハウス校舎と同じ通りにある最も古い建築。病院として使われている。

ベルリンから120km離れた人口8万人の小さな町デッサウには、当時バウハウスによって建てられたオリジナルの建築が、いくつも保全されています。

バウハウスの校舎から徒歩で少し移動したところには、バウハウス建築の住宅展示場とでも言える様相を呈した通りがあります。白いキューブを組み合わせたような「マイスター・ホイザー」と呼ばれる2世帯式の家が3軒、そして校長の家、通りの角にある売店として作られた建物もバウハウス建築です。

「マイスターたちの家」を意味するマイスター・ホイザーのひとつには当時、なんとカンディンスキーとクレーという巨匠画家たちが隣り合わせに住んでいました。2人はバウハウスで美術の教鞭を取っていたのです。

ドイツ・バウハウス発祥の町を訪ねて デッサウ編バウハウスのマイスターたちが住んだ家。彼らは生活もバウハウスの理念の中で生きた

さらにこの通りから少し北上すると、エルベ川沿いに建つコルンハウスがあります。川べりの穀物倉庫があった場所に建てられたことから名づけられた「穀物の家」という意味の名前を持つこの建物は、グロピウスの弟子だったカール・フィーガーが1929~30年にかけて手がけました。戦後、東ドイツ時代も続けてレストランとして使われ、改装を経て今も営業中です。時代が移り変わる中でも使われ続けてきた建築ならではの趣があり、近未来的な感じのする外観とは裏腹に、レストラン内部は自然光が心地よく差し込む落ち着ける空間です。

ドイツ・バウハウス発祥の町を訪ねて デッサウ編レストランとして今も使われているコルンハウス。不時着した宇宙船のように見える外観

ドイツ・バウハウス発祥の町を訪ねて デッサウ編コルンハウス内観。自然光が差し込む居心地のよい空間

バウハウスはデッサウの地で1932年まで、ナチスドイツによって閉鎖されるまで精力的に活動を続けました。この後、バウハウスは私立学校としてベルリンで半年存続しますが、1933年にその歴史を閉じました。しかしナチスの迫害によって多くのバウハウス関係者がドイツを去り、米国などに亡命したことにより、逆にバウハウスの理念・思想は世界中に広がりました。

100年前、時代の大きな転換期の中で、よりよい文化的な生活のあり方を標榜して始まったバウハウス。ワイマール、デッサウおよびベルナウ(ベルリン郊外)のバウハウスとその関連遺産群は1996年、ユネスコ世界遺産に登録されました。

今、私たちの身の回りにあるさまざまなものの中にも、実はバウハウスと無縁ではないものが数多くあるのです。

(in association with the GNTB/協賛:ドイツ観光局)
 

●バウハウス校舎
Bauhausgebäude
Gropiusallee 38
06846 Dessau-Roßlau
www.bauhaus-dessau.de
【開館時間】10:00-17:00
【入場料】8.50€(学生5.50€)
*バウハウス関連施設すべてに入れる3日間有効のコンビチケットは15€(学生11€)

●マイスター・ホイザー
Meisterhäuser Dessau
Ebertallee 59-71
06846 Dessau-Roßlau
【開館時間】10:00-17:00(冬季11:00-17:00)
【入場料】8.50€(学生5.50€)

●コルンハウス
Kornhaus
Kornhausstrasse 146
06846 Dessau-Roßlau
www.kornhaus-dessau.de
【営業時間】12:00-(ラストオーダーは20:30)

*デッサウ駅前からは、バウハウス関連施設を一巡してくれるバスが運行しています。

ドイツ・バウハウス発祥の町を訪ねる ワイマール編

関連記事一覧