ヤフーとLINEが経営統合 「世界をリードするAIテックカンパニー」を目指す

ヤフーとLINEが経営統合 AIテクノロジーのさらなる活用へ

Yahoo! JAPANなどを運営するZホールディングス(以下、ZHD)と無料通話アプリLINEを運営するLINE株式会社(以下、LINE)は18日、両社が同日開催したそれぞれの取締役会で、両社の資本提携に関する基本合意書を締結することを決議したと発表した。今後、両社は2019年12月を目処に、資本提携基本合意書に定める事項に関する法的拘束力のある最終資本提携契約を締結することを目指して、協議および検討を進めていく予定だという。

経営統合の背景として、両社はインターネット市場において米中を中心とする海外企業が圧倒的に優勢であり、企業規模を比較した際の中国を除くアジア諸国や日本の企業と大きく差が開いている現状をあげた。また、日本国内では労働人口の減少に伴う生産性の向上や自然災害時の迅速な対応が求められており、これらの分野における人工知能(以下、AI)やテクノロジーのさらなる活用が期待されている。

今回の経営統合によって経営資源を集約し、事業領域の強化や新規事業領域への成長投資を行い、「日本・アジアから世界をリードするAIテックカンパニーとなることを目指す」という。

(写真はイメージ)

関連記事一覧