インスタグラム、ユーザー数4億人突破 日本でも拡大中

画像や動画を共有する、米国発のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「インスタグラム(Instagram)」が、会員数4億人を超えたことを明らかにした。会員の75%以上は米国外で、最近登録した会員100万人の半数以上がヨーロッパとアジアだ。特に現在はブラジル、日本、インドネシアの伸びが非常に大きくなっている。

1日に8000万以上の画像がアップされており、インスタグラムによると印象的な瞬間として「NASAが掲載した初の冥王星の写真」や「欧州サッカー、チャンピオンリーグの優勝トロフィーとともに息子と撮影したリオネル・メッシの写真」や「トルコの塩湖の写真集」や「ナミビア砂漠のゴーストタウンの写真集」などが挙げられている。

(写真はイメージ)

関連記事一覧