• HOME
  • 社会・経済
  • 車椅子・電動カート用ドライブレコーダーを販売 トラブルへの対処を
車椅子・電動カート用ドライブレコーダーを販売 トラブルへの対処を

車椅子・電動カート用ドライブレコーダーを販売 トラブルへの対処を

電動車椅子および関連機器の輸入販売を行うトライクスジェイピー(神奈川県横浜市)は17日、車椅子用・電動カートで利用可能なドライブレコーダーの予約販売を開始した。

高齢者や障がい者が外出のために電動車椅子や電動カートを利用する機会が増える一方で、自動車・自転車・歩行者との接触事故、踏切事故、単独での転倒、公共交通機関利用時のトラブル等も増加している。同社はこのような事態に考慮した、事実確認をスムースに行うための電動車椅子用ドライブレコーダーを販売する。

今回販売されるドライブレコーダーは前後2方向にカメラを設置するタイプで、USB電源や12V電源、モバイルバッテリーで起動する。画質は、HD、D1、VGAを選択することができ、D1画像の場合10000mahのモバイルバッテリーで約8時間連続録画が可能。録画した動画はその場で再生して確認できる。ドライブレコーダーは防水機能付きで雨天時にも対応している。販売価格は1万9800円(税別)。

画像提供:トライクスジェイピー

関連記事一覧