• Local
  • 地域を活性化させ豊かな日本に
一足早い春の便り 松山市善応寺でケイオウザクラが開花

一足早い春の便り 松山市善応寺でケイオウザクラが開花

松山市市街地から車で約30分程度の善応寺ぜんおうじという場所では、一足早く桜が咲いている。カフェ「夢うらら」の周辺に約400本植えられたケイオウザクラの群生は、遠くから見ると薄紅色に染まった一帯が、周りの緑と相まって一段と鮮やかだ。

一足早い春の便り 松山市善応寺でケイオウザクラが開花
色とりどりの花木が春の訪れを告げている
 

近づくと、カフェの経営者らが整備した小道があり、桜以外にも多数植えられた色鮮やかな花木が目と心を楽しませてくれる。

一足早い春の便り 松山市善応寺でケイオウザクラが開花
小道の両側には様々な花木が植えられている
 

この場所のケイオウザクラは、「地域の名所にしたい」という思いの下、カフェの経営者らが20本程度だった桜の木を16年かけて増やしたもの。

一足早い春の便り 松山市善応寺でケイオウザクラが開花
カフェに続く道には菜の花も咲き、春に彩りを加えている
 

3月17日時点では桜にまだつぼみもあったが、今年は3月上旬より咲き始め、3月末頃までが見頃のようだ。

一足早い春の便り 松山市善応寺でケイオウザクラが開花
菜の花の黄色と桜のピンク色が春を一層演出している

一足早い春の便り 松山市善応寺でケイオウザクラが開花
落ち始めた夕陽を浴びたケイオウザクラ
 

(撮影日:3月17日、愛媛県松山市善応寺)

関連記事一覧