西友が新型コロナ対策に13億円 ボーナスや新規雇用に

西友が新型コロナ対策に13億円 ボーナスや新規雇用に

西友は24日、新型コロナウイルスで営業自粛や休業要請が出ている中、スーパーマーケットとして人々の生活を支えるため、24時間365日の営業を継続し、さらに総額13億円の投資を行うことを発表した。

13億円の投資の内訳としては、現場で働く従業員3万3500名に対してボーナスを支給、さらに3月から3000名の緊急採用を行い、職を失った人たちの雇用を行っている。店内の安全対策の強化としては、従業員のマスクやゴーグルの着用、対面レジにおける透明シールドの設置などの感染予防強化策を実施。そして緊急事態宣言後の急激な需要の高まりに対応するため、物流センター人員の強化及び外部倉庫の活用を始めた。さらに、以前から継続的に支援してきた認定NPO法人セカンドハーベスト・ジャパン、フローレンスに対して、緊急支援を決定。これらの団体を通じた生活困窮者の支援を行っていくとしている。

スーパーマーケットが単なる小売業という以上の社会的な存在となっている今、地域の人々を支え、従業員の健康を守ることに全力を尽くすとしている。

(写真はイメージ)

関連記事一覧