おうち時間をペットと楽しく コロナ禍のペット飼育調査

おうち時間をペットと楽しく コロナ禍のペット飼育調査

ペット保険を提供するau損害保険(東京都港区)は21日、全国の犬もしくは猫を飼っている男女1000人を対象に実施した、コロナ禍におけるペット飼育に関する調査結果を発表した。自宅での時間を楽しく過ごすためにペットを飼い始めた人が多くいることがわかった。

ペットを飼い始めた理由を尋ねたところ、「おうち時間を楽しく過ごすため」が63.0%で最多だった。次いで「寂しい時に寄りそってくれると思うから」46.2%、「一緒に散歩に行ったり、遊んだりしたいから」43.8%となった。

「おうち時間を楽しく過ごすため」と答えた人の割合を新型コロナ流行前後で比較すると、流行前(2020年3月以前)に飼い始めた913人のうち、その割合は61.9%だったのに対し、流行後(2020年4月以降)に飼い始めた87人のうちでは74.7%と、新型コロナ流行後の方が大きく伸びていることがわかった。

おうち時間をペットと楽しく コロナ禍のペット飼育調査

ペットと出合ったきっかけを尋ねたところ、「実物をみて(ペットショップ、譲渡会、知人からの紹介、保護した)」が81.8%、「インターネットをみて(インターネットペットショップやブリーダーサイトなど)」が11.7%であった。

「インターネットをみて」と答えた人の割合を新型コロナ流行前後で比較したところ、流行前に飼い始めた人では10.8%だったのに対し、流行後に飼い始めた人のうちでは20.7%と、新型コロナ流行後の方が大きく伸びている。

ペットを飼い始めたことによる生活への影響を尋ねたところ、「家族の会話が増えた」が65.7%でトップだった。次いで「寂しさを感じることが減った」57.4%、「家の掃除をするようになった」37.2%だった。

またペットを実際に飼い始めて、思っていたよりお金がかかることは何かを尋ねたところ、「医療費(ケガの治療や病気の治療、予防接種など)」が72.3%で最多で、「ペットフード代」59.6%、「日用品代(ペットシーツ、消臭剤など)」49.4%と続いた。ペットを迎えて「家族の会話が増えた」などのポジティブな面がある一方、医療費は想像以上にお金がかかると感じていることがわかった。

同調査は12月3日~8日にインターネット上で実施され、犬もしくは猫を飼っている全国の男女1000人から回答を得た。

画像提供:au損害保険(冒頭の写真はイメージ)

関連記事一覧