絵本を無料で動画化 「きっずちゅーぶ」で絵本作家を支援

絵本を無料で動画化 「きっずちゅーぶ」で絵本作家を支援

イースマイリー(東京都渋谷区)は22日、同社が運営する絵本読み聞かせ動画チャンネル「きっずちゅーぶ」で、絵本作家を対象に自作の絵本を無料で読み聞かせ動画化し、配信できる支援プログラムを開始したと発表した。

年間1000冊を超える絵本が新刊として発売される中、絵本の選び方がわからなかったり、作品との出会いのきっかけがうまく持てないことで、作品が埋もれてしまうことが多い。そこで同社は、作家や作品のことを気軽に知ってもらい、読み手が良い作品と出会うきっかけを作れるようにと、支援プログラムを開始した。

絵本作家が読み聞かせ動画にしたい自作絵本のイラストやシナリオを入稿すると、同社がナレーションの収録、動画編集、YouTubeチャンネルでの配信、希望があれば絵本の出版・販売を行うという仕組み。出版された絵本の売り上げの10%が作家に還元される。

きっずちゅーぶは、子どもの学びと遊びに役立つ知育動画を制作・配信することを目的とした動画チャンネルで、絵本の読み聞かせを中心に幼児から小学校低学年に向けの動画約1500本を無料配信し、チャンネル登録者数は3万人、再生数は月間100万回を超える。

今年5月からは出版事業および「オリジナル絵本共創プログラム」を開始し、YouTuberやアーティストなどのインフルエンサーや社会問題の解決に取り組む団体を対象に、読み聞かせ動画や絵本を無料で制作・販売支援する取り組みを展開してきた。今回の支援プログラムはその第三弾となる。

画像提供:イースマイリー

関連記事一覧