トヨタの実証都市「Woven City」着工、「ヒト中心の街に」豊田社長

トヨタの「Woven City」着工、未来の街づくりの実証へ

トヨタ自動車(以下、トヨタ)と、トヨタグループでソフトウェアを中心にモビリティの開発を担うウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(以下、ウーブン・プラネット)は、23 日、「Woven City」(ウーブン・シティ)の建設に向け、地鎮祭を実施した。

2020年1月、米国・ラスベガスで開かれたCES2020で未来の実証都市「Woven City」建設を発表してから1年、いよいよプロジェクトが本格的に始動する。

地鎮祭にはトヨタの豊田 章男社長、ウーブン・プラネットのジェームス・カフナーCEO、川勝平太静岡県知事、髙村謙二裾野市長らが出席。トヨタの豊田社長は「ヒト中心の街、実証実験の街、未完成の街が『Woven City』のブレない軸。多くの仲間とともに、多様性をもった人々が幸せに暮らすことができる未来を創造することに挑戦する」と意気込みを語った。

「Woven City」は東富士(静岡県裾野市)にて実施される、未来の技術開発を目的とした街づくりの実証プロジェクト。プロジェクトでは自動運転、パーソナルモビリティ、ロボット、人工知能(AI)技術などをはじめとする、様々な領域の新技術を実際に人々が暮らす生活の場で実証していく。

「Woven City」では、地上に自動運転モビリティ専用、歩行者専用、歩行者とパーソナルモビリティが共存する3 本の道を網の目のように「織り込み(=ウーブン)」、地下にはモノの移動用の道が1 本つくられる予定だ。

第一弾として高齢者、子育て世代の家族、発明家を中心に360 人程度が「Woven City」に入居する予定。将来的には、トヨタの従業員を含む2,000 人以上の住民が暮らし、社会課題の解決に向けた発明がタイムリーに生み出せる環境を目指す。

トヨタの実証都市「Woven City」着工、「ヒト中心の街に」豊田社長地鎮祭で話すトヨタの豊田章男社長

写真提供:トヨタ自動車

関連記事一覧