• Local
  • 地域を活性化させ豊かな日本に

道後公園でイルミネーション作品「ひかりの実」を開催中

松山市の道後温泉の近くにある道後公園で、イルミネーション作品「ひかりの実」が開催中だ。「ひかりの実」 は、2011年東日本大震災を経て、「人々に笑顔を」というコンセプトでアーティストの高橋匡太さんが考案した、参加型のアートプロジェクト。「道後オンセナート2014」から道後公園で初めて展示されてから今年で8回目となる。

開催期間は20211217日~2022116日まで。道後公園内には約3000個を展示する。また、202217日~16日には、南三陸町で制作し、展示された「ひかりの実」約200個も展示する。

北口から公園に入ると、目の前と頭上に色とりどりの「ひかりの実」が広がる。

普段は市民の憩いの場である散策路も幻想的なムードに変わる。

LED電球に照らされた笑顔は、事前のワークショップで参加者が果実袋に描いたもの。

公園の池の表面にも映し出された「ひかりの実」。園内には北口を中心に約3000個展示されている。

関連記事一覧