• HOME
  • 社会・経済
  • 7~9月期の実質GDP 2次速報値が大幅上方改定 1%プラス成長へ

7~9月期の実質GDP 2次速報値が大幅上方改定 1%プラス成長へ

内閣府が8日に発表した2015年7~9月期の実質国内総生産(GDP)の2次速報値によると、前月16日に発表した1次速報値から0.5ポイント上方修正し前期比0.3%増、年率換算で1.0%増と2期ぶりのプラス成長となった。

国内需要が速報値の0.3%減から0.1%増へ上方改定、民間住宅や民間企業設備などの総固定資本形成が0.6%減から0.3%増と大幅に上方修正された。特に民間企業設備は、1次速報時に仮置きされていた需要側推計値について「法人企業統計」(7~9月期)などを反映したところ上方修正された。

同日に発表された2014年7~9月期の実質GDPの確報値は、速報値より0.1ポイント減の1.0%減のマイナス成長となった。政府最終消費支出などの公的需要が1.1ポイント減、総固定資本形成が1.3ポイント減の下方修正となったことが要因。

(写真はイメージ)

関連記事一覧