カドカワ 2016年4月より東大進学に特化した塾を開講

カドカワは10日、2016年4月より東大進学希望者のみを対象とする個別指導塾「N塾」を開講することを発表した。定員30人の全寮制で、所在地は名古屋市東区。

同社は近年、教育分野への積極的な新規参入を行っている。その一つが現在、設置認可申請中の「N高等学校」。授業はネット学習(映像授業・レポート)を主としたスタイルの通信制高校だ。同社は今回の「N塾」開校により、通信制高校と個別指導塾の二つを持つこととなる。

塾長は名古屋で個別指導塾「坪田塾」を運営する坪田信貴氏が務め、同塾の講師陣が東大進学に特化した指導を行う。坪田氏は『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の著者。

同塾への応募資格は、東大進学を希望する、高校卒業資格を保有していない15~85歳までの男性であること。塾は全寮制で費用は月額6万円となるが、同時に「N高等学校」へ入学し、高校卒業資格を取得するための学費も別途必要となる。

(写真はイメージ)

関連記事一覧