山口県で妄想オーストラリア旅行?! 山口県公式サイト

山口県公式サイトの「魅力発県」ページに「特集『妄想オーストラリアの旅』」という記事が掲載されている。「山口県とオーストラリアの形って似てるよね!」の一言から始まるが、確かにその形は似ている。驚くことに観光名所の位置まで対応しており、その対比が紹介されている。

まずはオーストラリア東部ブリスベンのサンコープ・スタジアムと対応する場所にある蜂ヶ峯はちがみね総合公園。天然芝の気持ちのいい公園で、アスレチック、観覧車、バラ園などの楽しめる施設があるという。オーストラリアのシンボルの一つハーバーブリッジと対応する場所にあるのは、こちらも山口県のシンボルの一つ錦帯橋。ほぼ中央にあるのはオーストラリアではエアーズロック、山口県では秋吉台でどちらも大自然が生んだ岩の芸術。秋吉台では化石の採集体験ができるという。

オーストラリアのバオバブの木は高さも太さも樹齢も桁違いの木だが、それに負けない巨木の森が下関市川棚かわたなにある国指定天然記念物のクスの森。そしてまたオーストラリアの国鳥エミューが下関の響灘ひびきなだにある蓋井島ふたおいじまに生息している。オーストラリアには世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフがあるが、山口県には周防大島に世界最大級のニホンアワサンゴの群生地がある。

他にも日本で温泉に魅せられたオーストラリア人が故郷で探し当てて開業した天然自然温泉や、これも山口県のシンボルの一つであるSLなど見どころは多い。

山口県へ行って、同時に妄想でオーストラリアも旅行をする。1回で2つの地域をめぐるという新しい旅も楽しいかもしれない。

(写真はイメージ)

関連記事一覧