セブンイレブンに水素ステーション

セブンイレブン・ジャパンと国内液化石油ガス(LPG)最大手の岩谷産業は、東京都大田区と愛知県刈谷市のコンビニエンスストア2店舗に燃料電池車専用の水素ステーションを併設し、12日より開業すると発表した。

セブンイレブンは店舗で純水素燃料電池を活用し、総電力使用量の削減を進め、岩谷産業はコンビニと組むことで水素エネルギーのインフラ基盤確立を進める。岩谷産業は現在、全国20カ所で水素ステーション建設を推進中。

両社は2014年12月に店舗併設に関する包括合意書を結んでおり、2015年度中のスタートを目指していた。

 
セブンイレブンに水素ステーション
併設店舗イメージ[出典:岩谷産業]

 
(冒頭写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧