IBM Watsonが日本語対応 まずは6サービス提供開始

日本IBMとソフトバンクは18日、日本語対応したIBM ワトソン(Watson)のサービス提供を開始すると発表した。日本語対応したのはワトソンの6種類のサービス。

なかでも「スピーチ・トゥ・テキスト(Speech to Text)」と「テキスト・トゥ・スピーチ(Text to Speech)」は、音声からテキスト、テキストから音声への変換が可能となり、対話型ロボットと人間との対話においてデータ解析を容易にできるようになる。また、「ダイアログ(Dialog)」は人間が質問するときのイントネーションや癖などの特徴に合わせて会話を生み出すことができ、自然な対話を実現することができるという。

日本IBM代表取締役社長のポール与那嶺氏は、「自然言語や文字や視覚などの単なる情報でなく、その裏にある考えや概念を推論する能力はますます進化する。常に学習を続け、専門知識を増やし、人との関わり合いをより価値の高いものにする」とワトソンへの自信を語った。

昨年2月に両社は提携に合意し、人型ロボット「ペッパー(Pepper)」をはじめとするソフトバンクのサービスにワトソン技術を導入していくと発表。先月は、ペッパーとワトソンの組み合わせで世界へのサービス提供を開始すると発表していた。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧