米国 2022年中に自動車の自動ブレーキ標準化へ

米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)は17日、2022年9月までに自動緊急ブレーキを全ての自動車に標準搭載することに関して、米国の自動車シェア99%以上を占める自動車メーカー20社と合意に至ったと、米国道路安全保険協会(IIHS)と合同で発表した。

合意した自動車メーカーは、メルセデスベンツやBMWをはじめ、フォード、ゼネラルモーターズ、テスラなど20社。日本企業はトヨタ、ホンダ、日産、マツダ、スバル、三菱自動車などが合意している。

自動ブレーキは運転手が十分な対応が取れない場合に、レーダー、カメラ、レーザーといったセンサーで衝突の対象を探知して回避するシステムだ。

合意に際して、同局は「今回の合意は法的拘束力を持たないが、法制化するよりも3年早く事故防止へ向けて取り組める」と語った。また、フォックス運輸長官は「この合意により数千の命を救うことができ、安全に関する消費者利益を得ることが可能だ」と語った。

2022年9月までの標準化の対象となるのは乗用車および8500ポンド(約3.9トン)以下のトラック。8500ポンドから1万ポンド(約4.5トン)のトラックは2025年9月までに標準化する。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧