2020年までに次世代IT産業を30兆円市場へ

19日、政府は産業競争力会議を開催し、「名目GDP600兆円に向けた成長戦略」をテーマに議論した。2020年までに、人工知能(AI)やロボット、IoT、ビッグデータなどの次世代IT産業の成長を促す「第4次産業革命」市場を30兆円規模に育てるという目標を示した。

会議では、2020年までに高速道路での自動車の自動走行の実現、3年以内に無人飛行体ドローンによる物資配送の実現、シェアリングエコノミーやサイバーセキュリティ、金融とテクノロジーの融合分野フィンテックの強化などが議題に挙がった。また、先進的な分野だけではなく、中堅中小企業への小型汎用ロボット導入支援など産業全体の底上げも目指すとした。

さらに、第4次産業革命は「ITやロボットに慣れ親しんだ若者にチャンスを与えるもの」とし、初等・中等教育からのプログラミング教育の必修化や、個人の習熟度に合わせた学習支援のためのIT活用徹底を目指す方針を明らかにした。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧