就職希望先1位は三菱東京UFJ銀行 金融系が上位

DISCO(ディスコ)が運営する就活サイト「キャリタス就活2017」では、就職活動中の大学生を対象に就職希望企業に関する調査を行い、2017年の就職希望企業ランキング(全国速報版)を22日に発表した。総合1位は三菱東京UFJ銀行で、トップ5までを金融系が独占する結果となった。理系部門トップは日立製作所、女子部門トップはANAだった。

総合ランキングでは、1位の三菱東京UFJ銀行に続いて、東京海上日動火災保険、三井住友銀行、損害保険ジャパン日本興亜、みずほフィナンシャルグループと、1~5位に金融業界の企業が並んだ。次いで、6~10位は順に、全日本空輸、日本航空、サントリーグループ、トヨタ自動車となった。この結果に対し、同社は「売り手市場のもと、幅広い学生層の支持を集めた有名企業に注目があつまった結果」としている。

また、同社が採用広報開始から約1カ月経過時点で行なった企業側の採用活動の感触についての調査では、全体で「苦戦」が41.4%、「順調」が21.4%、「どちらでもない」が37.1%となった。特に企業規模が300人未満の小さな企業ほど苦戦を強く感じていた。業種では、学生の就職希望先ランキングで上位を占めた「金融」系の企業では53.3%が「順調」と回答した一方、「IT・情報処理系」では「順調」は17.8%にとどまった。

同調査対象は、大学に在籍する2017年3月卒業予定の現大学4年生および修士2年生、計7613人(内訳は大学生6114人、大学院生1499人)。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧