• HOME
  • 国際
  • 米民間宇宙開発ベンチャー 2018年にも火星に宇宙船着陸へ

米民間宇宙開発ベンチャー 2018年にも火星に宇宙船着陸へ

米国の民間宇宙開発ベンチャーのスペースXは、2018年にも火星にロボティクス宇宙船を送り込む計画だと発表した。米宇宙情報サイト『SPACE.com』によると、27日に同社ツイッターで、「宇宙船レッドドラゴンが火星探査の情報を教えてくれる」としており、これは火星に人が住むコロニーを作る計画の重要なマイルストーンであると最高経営責任者(CEO)イーロン・マスクが語っている。

レッドドラゴンの火星への初回飛行計画に詳しい情報筋によると、今回のマイルストーンは飛行技術と火星へ着陸できるだけの技術を実証できるものだとし、今年後半にはコロニーの詳細計画を明らかにしていく予定だという。

イーロン氏はツイッターで「ドラゴン2(今回の宇宙船)は太陽系のどの惑星にも着陸できるように設計されており、火星への実験は最初のテストフライトになる。しかし月より遠いところに宇宙飛行士を送ることはお勧めできない。今回の宇宙船は船内空間が自動車程度のため長旅に向かない」と伝えている。

画像出典:SPACE.com

Facebook Like!

関連記事一覧