千葉市が中高生対象に「未来の科学者育成プログラム」

千葉市は市内在住在学の中学生・高校生向けに「未来の科学者育成プログラム」を開く。科学に高い興味・関心を持つ中高生に対して、その能力を伸ばすための質の高い学習プログラムを提供するとともに、同市内の大学などの研究機関や企業が有する先端科学技術の体験を通して、科学者を目指す意欲を持つ生徒を育成する。同プログラムは今年度で5回目の実施となる。受講の応募期間は5月16日まで。

プログラムは4コースに分かれている。中学生全学年向けには、主に個人研究のレベルアップを目指して学習する「探究支援コース」、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されている市立千葉高校で理科や数学を学習する「市立千葉高SSHコース」がある。また、中学2年~高校3年生向けには、千葉大学を中心に高度な科学について実験をしながら学習する「千葉大学連携コース」、生命を中心に医学、医療の現場や動物の生態学について学習する「生命・医療系コース」がある。全体の募集定員は55~65人程度。

各コースの開催期間は6月18日~2017年1月14日までで、必修講座11回と選択講座8回となる。応募方法は同市Webサイトから応募用紙をダウンロードして持参または郵送。

千葉市ホームページ
http://www.city.chiba.jp/kyoiku/shogaigakushu/shogaigakushu/futurescientist.html

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧