尿からがんを識別することに成功 日立

日立製作所は14日、住友商事グループと協力して尿中の代謝物を網羅的に解析することで、健常者、乳がん患者、大腸がん患者の尿検体を識別する基礎技術の開発に成功したと発表した。

研究グループは年齢、性別、がんの有無などの情報が付与された、健常者、乳がん患者、大腸がん患者の市販の尿検体15個を対象に尿代謝物を詳細解析した。それぞれの尿検体から1300を超える代謝物を検出、比較したところ、含有量が大きく異なる代謝物が見つかった。これらの代謝物を乳がん患者、大腸がん患者の尿検体を絞り込むバイオマーカー(身体の状態を知る定量的な指標)とし、主成分解析を行った結果、健常者、乳がん患者、大腸がん患者それぞれの尿検体を識別できた。

同研究は、誰もが簡便にがん検査を受けることができるようにし、経済的な負担や地域ごとの医療機関数の格差などによって受けることが難しくなっている現状の緩和につながると期待される。

画像提供:日立製作所(健常者、乳がん、大腸がん患者の尿検体の識別結果)

 
Facebook Like!

関連記事一覧