みずほ、NTT、ニューロファイナンスを金融サービスへ活用

NTTデータ、NTTデータ経営研究所、みずほ銀行が共同で進めてきた、金融分野の現象を脳研究から解明する「ニューロファイナンス」を実際の金融サービスに適用する実証実験について、共同研究範囲を拡大すると発表した。ニューロファイナンスの知見や技術を生かして、顧客への最適なアドバイス提供につなげる。

実証実験では、2015年9月に約6500人のWebモニターから、脳情報、趣味や嗜好、金融行動に関するアンケートデータを収集、解析を行い、7つのタイプに分類した。無意識的に生じる脳の反応をアンケートで推定した「脳情報」から、分類したタイプごとに金融サービスの広告宣伝を実施し興味が示される割合を検証したところ、タイプ間で広告に興味を示す割合に差があった。同研究を進展させることで、顧客が意識していなかった潜在的な欲求・嗜好に対応したサービスが実現できるという。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧