富士通と東京都、交通量のビッグデータ解析で渋滞緩和へ

富士通と富士通交通・道路データサービス(FTRD)は6月30日、東京都と連携して都内を走る商用車の走行情報をビッグデータ解析し、交通渋滞の定量分析をしたと発表した。東京都は今後、これらの情報を渋滞原因の究明や渋滞予測、効果的な渋滞緩和施策立案へつなげていく予定。

調査期間は2015年12月23日から2016年3月11日までの約3カ月間。実施内容は大きく2つ。東京都全域の主要道路のうち、国道と都道および市の幹線道路の交差点間における自動車の速度を図示化した平均旅行速度図の作成と、主要渋滞箇所433交差点の交差点通過時間分析を行った。

富士通と東京都、交通量のビッグデータ解析で渋滞緩和へ

今回の調査で集まったデータは、トラックなどの貨物商用車に搭載されたデジタルタコグラフから1秒ごとに集められる速度、位置、時刻、3次元の加速度情報など。深刻な渋滞が発生する路線や時間帯などの判別、交差点での方向別の混雑具合や、それによる交差点以外での渋滞影響などを把握することが可能になった。

画像提供:富士通
(冒頭の写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧