グーグル、乗用車やカーナビに接続できるアプリを提供開始

グーグルは13日、クルマとスマートフォンの連携を可能にする「アンドロイド・オート」の日本版の提供を開始した。

アンドロイド・オートに対応した乗用車やカーナビにつなぐことで、グーグルマップでの道案内やスマートフォン内のアプリをカーナビ画面上で利用できるサービス。2015年にスタートし、現在は31カ国、40社以上の自動車メーカーや車載機メーカーによって100種類以上のモデルが対応している。国内自動車メーカーではホンダと三菱の一部車種が対応している。

スマートフォンを車両やカーナビに接続すれば、グーグルマップなどのアプリ、電話、メッセージの送信などを音声操作で利用することができる。なお、接続中はスマートフォンの画面はロックされるため、事故防止を考えた運転中操作仕様となっている。

グーグル、乗用車やカーナビに接続できるアプリを提供開始

画像提供:Google

 
Facebook Like!

関連記事一覧